ZOOM(ズーム)とSkype(スカイプ)の違いについて



こんにちは。松田です。

ここ最近利用者が急増しているZOOM(ズーム)。

オンラインでミーティングや講座、レッスンなどが可能になるということで、企業や団体のみならず個人起業家さんも活発に利用されています。

 

これまでオンラインでコミュニケーションを取れるツールとしてSkype(スカイプ)が主流でしたが、その違いについてご紹介しますね。

 

そもそも、目的が違う

簡単に言うと、ZOOMはミーティングツール、Skypeはインターネットテレビ電話です。

つまり、ZOOMは元々が複数人数(複数拠点)を同時接続して利用することを前提に作られていて、Skypeは1対1の接続を前提にしています。

現在はSkypeも複数人数のビデオ通話も可能になっていますが、正直通信回線は不安定で、度々切断されてしまいます。

一方、ZOOMは元々複数人数が同時接続しても通信が安定するように設計されているため、切断されることはほとんどありません。

 

アカウント(ユーザー登録)が不要

Skypeを利用するには、使う人それぞれにアカウント登録が必要になります。

サービス提供者は随時利用するためアカウントを持っていますが、クライアント側は普段使っていない人も多いため、アカウントを取得しないと利用できません。

一方のZOOMは参加する側はアカウントを取得していなくても主催者側から送られてくるURLアドレスをクリックするだけでミーティングに参加することが出来ます。

特にパソコン等が苦手な人にとってアカウント取得なしに利用できる点はストレスを軽減させます。

 

録画機能で広がる活用法

ZOOMにはミーティングを録画する機能が標準でついています。

ワンクリックで録画開始、終了が可能なので、操作も簡単ですし、録画したデータをYouTubeなどにアップロードすれば後から見返すこともできます。

会議の議事録代わりにもなりますし、クライアントとのセッションや講座の復習用としても活用できます。

 

画面共有やデスクトップ表示など、共通の機能もたくさんありますが、どの機能も基本的にはZOOMの方が使い勝手がよいと思います。

有料のセッションやカウンセリング、コンサルティング、講座をオンラインで開催する場合、通信切断などオンラインならではのリスクヘッジをしておく必要があります。

ZOOMはSkypeに比べてリスクが少ないので、今後ますます利用する人が増えると思います。

ご参考になれば幸いです。^^





お知らせ
ご登録頂くと、LINE@動画セミナーが無料で視聴できます!
やさしいブログのLINE@のご登録はこちらから

リリースした3冊の書籍をすべて無料公開!
新メールマガジンにご登録いただいた方全員にプレゼント!